M&A業界概観

【ランキング】M&A仲介会社の平均年収ランキングと上位を占める理由を大発表!

    この記事ではM&A仲介会社への転職を検討している方に向けて、決算開示資料から従業員1人当たりの平均年収を割り出し、ランキング形式でご紹介します!それに加えて、M&A仲介会社が平均年収ランキングで上位を占める理由についても解説をしてきます。M&A仲介業界へ転職を希望している方は必見です。

    年収ランキングトップ3の発表

    第1位 平均年収2,270万円

    第1位はライオンのCMでおなじみのM&Aキャピタルパートナーズです!
    https://www.ma-cp.com/
    M&Aキャピタルパートナーズ株式会社が公表している2021年度有価証券報告書によると平均給与が2,270万円にのぼることが分かります。M&Aキャピタルパートナーズの特徴は、M&Aに取り掛かる着手金が無料であり、専任のM&Aコンサルタントが、売り手(譲渡企業)と買い手(譲受企業)それぞれを1人で最終契約まで一貫してサポートをする点が挙げられます。また取り扱う案件サイズの規模感が大きいことから、このように高い年収が実現できています。

    第2位 平均年収1,433万円

    第2位は公認会計士が主体となって設立したストライクです!
    https://www.strike.co.jp/
    株式会社ストライクが公表している2021年度有価証券報告書によると平均給与が1,433万円にのぼることが分かります。特徴は公認会計士が主体になって設立されたため、専門性の高いM&A仲介サービスを提供する点です。日本で初めてインターネットM&Aプラットフォーム「SMART」の運営を行ったことでも知られています。

    第3位 平均年収1,243万円

    第3位は業界の雄こと日本M&Aセンターです!
    https://www.nihon-ma.co.jp/groups/
    株式会社日本M&Aセンターホールディングスが公表している2022年度有価証券報告書によると平均給与が1,243万円にのぼることが分かります。同社の特徴はM&A仲介会社の中でもトップクラスのネットワークを保有している点です。300を超える地域金融機関の他、900を超える会計事務所、1,700か所の仕業事務所と提携をしており、情報量でもナンバーワンと言えるでしょう。また売り手(譲渡企業)と買い手(譲受企業)の担当者を社内で分ける分担制で最終契約までサポートすることでも知られています。タッチできる案件数はランキング3社の中で最も多いでしょう。

    なぜM&A仲介会社は給与が高いのか

    市場が伸びているから

    上場をしているM&A仲介会社の決算を見ると増収増益傾向にあります。これは後継者不在である中小企業が増加しM&A自体の件数増加が背景にあります。また海外とのM&Aを行う所謂クロスボーダー型のM&A件数はコロナの影響により、減少しているのに対して、M&A仲介会社は国内の企業同士のM&Aを主に行い、これについてはコロナの影響はほとんど受けず、順調に拡大をしております。

    インセンティブ制度を採用しているから

    M&A仲介会社は基本給の他にインセンティブ制度を採用しています。基本給は会社毎に異なりますが大体基本給は500万円~1,000万円ほどの水準で、プラスアルファでインセンティブが設定されています。インセンティブは売上に対し、10%~20%程度が支給されるためこれによって平均年収が高くなる傾向にあります。

    M&A仲介会社への転職ならキャリアラダー

    株式会社キャリアラダーはM&A仲介会社に特化した転職エージェントです。本記事で紹介をした上場会社以外にも幅広くM&A仲介会社への転職活動を支援しています。業界未経験者にとって、M&A仲介業務は理解しにくい業務ではありますが、弊社ではM&A仲介業界経験者がしっかりと業務内容について解説をし、理解を深めた上で後悔のない転職活動に望んでいただけることをお約束いたします。是非一度、以下の無料相談フォームよりお問い合わせください。

    関連記事

    TOP