M&A企業分析

【企業分析】株式会社ストライクの直近決算は!?(22年9月期第3四半期)

    本記事では2022年7月29日に開示されているストライクの第3四半期決算の内容をまとめております。M&A仲介会社で上場している会社は2022年8月時点で6社ですが、その内の1社であるストライク。ストライクへの転職を希望する方やM&A仲介業界への転職を希望する方は必見です。

    M&A仲介業界とは

    そもそもM&A(エムアンドエー)とはMerger(合併)and Acquisitions(買収)の略で、「会社もしくは経営権の取得」を意味します。上記M&Aの仲介を行うため、具体的には会社を売却、買収する両者の間に立ち、その取引を円滑に行えるようにアドバイスを行うことが主な業務内容となっております。業界としては少子高齢化を背景とした後継者不在によって、黒字にも関わらず廃業を選択する経営者も多く、その解決手段としてのM&Aが大きく注目を集めています。中小企業の出口戦略を考えた際に考えられる方法は以下5つしかなく、株主としての利潤を獲得でき、他社と連携して事業を拡大できるM&Aは有効な出口戦略として活用されています。

    1.親族内での承継
    2.役員社員への承継
    3.M&A(第三者への承継)
    4.上場
    5.廃業

    ストライクの基本情報

    会社名:株式会社ストライク
    設立:1997年7月
    代表取締役:荒井 邦彦
    本社所在地:東京都千代田区二番町4番地3 二番町カシュービル3F
    資本金:823百万円(2022年6月末)
    事業内容:M&Aの仲介業務
    従業員数:218名(臨時雇用者除く、2022年6月末)

    ストライクに関する詳しい記事は以下の通りです。

    ストライクの直近決算!(22年9月期第3四半期)

    第3四半期累計では過去最高の売上高7,132百万円(前第3四半期)で営業利益は2,601百万円(同+28%)となっています。

    好調な中堅・中小企業のM&A市場に変化がないということが決算内容から分かるでしょう。

    またM&A仲介会社にとってはコンサルタントの採用は非常に重要なファクターですが、今期通算で26名の増員を計画しており、計画を上回る速度で採用を実施できているようです。

    3年後には2021年9月期の実績の倍である、188億円の売上を目指しており更なる成長が期待されます。

    M&A仲介業界への転職ならキャリアラダー!

    以上のようにストライク及びM&A業界のご紹介をさせていただきましたが、先に述べたように人気も高く内定の難易度が非常に高い会社です。是非M&A仲介会社の転職支援に特化をしている当社をご活用いただき、後悔のない転職活動をしていただければと思います。

    関連記事

    TOP