転職情報

【企業分析】fundbookへの転職を業界経験者が基本情報から強みや特徴を徹底解説!

    この記事はfundbookやその他M&A仲介会社への転職を検討している方に向けて、fundbookの基本情報を中心に記載しております。fundbookをはじめとしたM&A仲介会社の転職希望者は金融、メーカー、商社等の法人営業経験者に多く、難易度は非常に高いです。

    キャリアラダーではM&A仲介業界に特化した転職支援を行なっております。履歴書・職務経歴書の作成〜面接対策など全面的に転職をサポートさせていただきます。是非お気軽にお問い合わせ下さい!

    近年少子高齢化を背景とした事業承継問題や、東洋経済の年収ランキングに掲載されるなど転職市場で注目を集めているM&A仲介業界。上場しているM&A仲介会社では、日本M&Aセンター、M&Aキャピタルパートナーズ、ストライクが有名ですが、fundbookはどのような企業なのでしょうか?

    M&A仲介業界とは

    そもそもM&A(エムアンドエー)とはMerger(合併)and Acquisitions(買収)の略で、「会社もしくは経営権の取得」を意味します。上記M&Aの仲介を行うため、具体的には会社を売却、買収する両者の間に立ち、その取引を円滑に行えるようにアドバイスを行うことが主な業務内容となっております。業界としては少子高齢化を背景とした後継者不在によって、黒字にも関わらず廃業を選択する経営者も多く、その解決手段としてのM&Aが大きく注目を集めています。中小企業の出口戦略を考えた際に考えられる方法は以下5つしかなく、株主としての利潤を獲得でき、他社と連携して事業を拡大できるM&Aは有効な出口戦略として活用されています。

    1.親族内での承継
    2.役員社員への承継
    3.M&A(第三者への承継)
    4.上場
    5.廃業

    fundbookの基本情報

    会社名株式会社fundbook
    所在地本社
    〒105-0001 東京都港区虎ノ門1-23-1 虎ノ門ヒルズ森タワー25F
    大阪支社
    〒530-0011 大阪府大阪市北区大深町1-1LINKS UMEDA 8F WeWork内
    設立2017年8月
    資本金20億円
    経営陣代表取締役 畑野 幸治
    取締役 谷口 慎太郎
    取締役 安藤 淳
    取締役 中原 駿男
    社外取締役 溝口 潤
    社外取締役 小高 功嗣
    常勤監査役 平林 隆一
    事業内容M&A仲介事業
    特徴・強みハイブリッド型のM&A分業化

    代表者経歴(※会社ホームページより)

    2007年4月 株式会社Micro Solutions設立、代表取締役就任
    2011年9月 アイ・マネジメント・ジャパン株式会社(現・株式会社BuySell Technologies)入社
    2016年10月 株式会社BuySell Technologies 代表取締役就任
    2017年8月 株式会社fundbook設立、代表取締役就任
    2017年9月 株式会社BuySell Technologiesの株式譲渡、同社の代表取締役辞任

    代表者の畑野様はBuySell Technologiesという上場会社の創業者でもあるのですね!

    fundbookの特徴と強み

    ・M&AアドバイザリーとM&Aプラットフォームの「ハイブリッド型M&A仲介」
    ・高い専門性を有した6つの部門で構成する、特化型分業モデル「The Model」の採用

    M&AアドバイザリーとM&Aプラットフォームの「ハイブリッド型M&A仲介」

    約4,500社の優良企業が登録している独⾃のプラットフォームと、優れた経験・専⾨性を備えたアドバイザーチームを組み合わせた「ハイブリッド型M&Aサービス」を展開しています。

    インターネット上のプラットフォームと優秀な人材でM&Aを成約していることがファンドブックの特徴と言えます。

    高い専門性を有した6つの部門で構成する、特化型分業モデル「The Model」の採用 

    マーケティングやインサイドセールス、フロントセールス、プラットフォームなど合計6つの部門が連携しながら成約までサポートします。従来のM&A仲介は一人の担当者が相談対応から成約までを担うため、アドバイザー個人の能力にM&Aの成否が左右される属人的なものでした。これに対して、当社では各部門がそれぞれのプロセスに専門特化しサービスの質を向上させることで、全てのステークホルダーにとって理想的なM&Aを実現しています。

    社内の分業化が進んでいることもファンドブックの特徴と言えるでしょう。

    M&A仲介業界への転職ならキャリアラダー!

    以上のようにfundbook及びM&A業界のご紹介をさせていただきましたが、先に述べたように人気も高く内定の難易度が非常に高い会社です。是非M&A仲介会社の転職支援に特化をしている当社をご活用いただき、後悔のない転職活動をしていただければと思います。

    関連記事

    TOP