You are currently viewing 新卒で M&A 仲介会社へ就職するのにはメリットがいっぱい!具体的に紹介します!

新卒で M&A 仲介会社へ就職するのにはメリットがいっぱい!具体的に紹介します!

  • 投稿カテゴリー:新卒向け

世の中には数多くの業界があり、新卒でどの業界に挑戦するのか迷う方も多いものです。どの業界にも一長一短がありますが、新卒で就職をする際、M&A仲介会社は他とは一線を画している面があります。それでは具体的に、新卒でM&A仲介会社へ就職するメリットについて見ていきましょう。

M&Aとは「Mergers and Acquisitions」の略で企業の合併・買収を指します。M&A仲介業界は、企業の合併・買収を仲介し、アドバイザリーサービスを提供する専門業界です。この業界のビジネスモデルは以下のようになります:

①ディールの発見とマッチング

買い手と売り手をつなぐ役割を果たします。市場調査ネットワーキングを通じて、M&Aの機会を見つけ、相互に適したディールをマッチングします。

ディール「Deal」とは、企業間の合併・買収や事業の売却などのビジネス取引を指します。

②デューデリジェンスの支援

トランザクションが進行する際に、買収先企業の財務状況や法的問題などのデューデリジェンスを支援します。詳細な情報収集と分析を行い、リスクを評価し、クライアントに報告します。

③交渉と取引のサポート

M&A仲介業者は、価格交渉や契約条件の調整を行い、両当事者の利益をバランスさせる役割を果たします。契約の準備や締結においてもアドバイスを提供し、円滑なトランザクションの達成に尽力します。

④企業評価と戦略アドバイス

M&A仲介業者は、企業評価戦略的アドバイスを行います。市場動向の分析や競合他社の調査を通じて、クライアントに合った最適なM&A戦略を提供します。

M&A仲介業界は、高度な専門知識と経験を要するビジネスであり、財務法律経営戦略などの分野に精通した専門家が求められます。企業の成長戦略や事業再編に貢献し、多くの企業がM&A仲介業者のサポートを求めています。

M&A 仲介会社で働きたい場合、社会人経験を経たうえで転職というケースが多いです。
これは、M&A仲介会社でおこなう仕事が高度であり、またビジネスの相手が経営者など、
年齢が高い場合が多いという点も理由の一つです。

とはいえ、昨今は新卒でM&A仲介会社に就職する方も増えてきています。

世の中には数多くの業界があり、新卒でどの業界に挑戦するのか迷う方も多いものです。
どの業界にも一長一短がありますが、新卒で就職をする際、M&A仲介会社は他とは一線を画している面があります。

それでは具体的に、新卒でM&A仲介会社へ就職するメリットについて見ていきましょう。

①M&A 業界は将来性が高い

一般的に、多くの日本の産業は決して将来の展望が明るいわけではありません。
しかし、M&A業界は基本的には成長産業です。
背景にはいくつかの要因がありますが、ここでは「後継者不足」と「競争激化」について説明します。

まず「後継者不足」ですが、会社の売上や利益が良いとしても、経営者の高年齢化に伴い廃業を余儀なくされている会社も少なくありません。
そのような中、会社を持続させる手段として、M&Aが注目されています。

また、近年日本では少子高齢化が進み、人口が減少していっています。
そのような中でもグローバル化や環境対応などやるべきことは多く、さらに競争は激化している状態です。
規模の小さな中小企業は厳しい環境に自社だけでは対応できず、M&Aを活用して大企業の傘下に入ったり、同じくらいの規模の会社と協力したりしながら、市場での勝ち残りを模索している場合も多々あります。

②20代では得られない年収を実現できる

成長産業であるM&A業界ですが、M&A仲介会社で働くと、通常20代では得られない年収を実現できるかもしれません。

M&A仲介会社は利益率が高いビジネスモデルであることが知られており、また前述のとおり、M&A業界は成長産業です。

具体的な年収で見ても、「M&Aキャピタルパートナーズ」の平均年収は、
昨年公表された有価証券報告書によると3161万円です。

日本のサラリーマンの平均年収が400万円台ですので、かなり高い水準であることが分かります。

その他のM&A業界の会社の平均年収も、日本のサラリーマンの平均年収を大きく超えています
若いうちから、かなりの高収入を達成できる可能性が高いと言えるでしょう。

③高い専門性やスキルを身につけられる

M&A仲介会社では、高い専門性やスキルを身につけることが可能です
会社や事業の売買に関する仕事のため、税務・会計知識や会社法の理解といった知識面はもちろん、コミュニケーション能力や交渉力といったスキルも磨かれます。

このような知識やスキルは、新卒で入社した会社で伸ばして自身の成長といった形で年収ややりがいの向上につながりますし、仮に転職や独立といった際にも活用が可能です。

M&A仲介会社で得た知識やスキルはどのような業界でも必要ですし、また、M&A仲介会社への就職自体が簡単ではないため、自身の能力が高い証明にもなります。
仕事をしている中で培われた人脈も、転職や独立の際に役に立つ場合もあるでしょう。

M&A仲介業者の平均年収は、経験や役職、所属する企業の規模などによって変動しますが、一般的には比較的高い水準にあります。

平均年収は、新入社員やアナリストの場合で約400万円から600万円程度から始まり、経験豊富なコンサルタントや上級アソシエイトでは1億円以上の年収が珍しくありません。

インセンティブに関しては、M&A仲介業者は成功報酬や成約手数料を主なインセンティブとして受け取ります。

ディールの成功や成約によって発生する報酬は、年収の大部分を占めることがあります。成約手数料はディールの総額に応じて発生し、成約金額が高いほど受け取る報酬も増加します。

また、成功報酬は契約達成などの特定の目標達成に対して支給されることが一般的です。

インセンティブは、M&A仲介業者の従業員のモチベーションを高め、成果に対するインセンティブを持つことで業績向上を促進します。

ただし、M&A業界の取引は成功までに時間と努力がかかるため、安定した収入を得るためには地道な成果を積み上げる必要があります。

①マーケットリサーチ

M&Aコンサルタントは、特定の産業や市場の動向を調査し、M&Aの機会を探求します。

市場の分析や競合他社の調査を通じて、クライアントに適したM&A戦略を立案します。

②デューデリジェンス

企業の財務や法的問題などのデューデリジェンスを支援します。

情報の収集と分析を行い、トランザクションのリスクやチャンスを評価し、クライアントに報告します。

③交渉支援

価格交渉や契約条件の調整を行い、M&Aの成功に向けた交渉をサポートします。

クライアントの利益を最大化するために、戦略的アドバイスを提供します。

④ディールストラクチャリング

M&Aコンサルタントは、トランザクションの構造を検討し、最適な合併・買収手法を提案します。

税務や法的な側面を考慮に入れ、効果的なディールの実現を支援します。

⑤インテグレーション計画

MA後の企業の統合計画を策定し、業務統合や文化統合のサポートを行います。

成功したMAの実施と成果を最大化するために、スムーズな統合が重要となります。

M&A仲介会社の業務内容についてさらに詳しく知りたい方はこちらから▼

新卒でM&A仲介会社へ就職すると、高い収入と将来性、そして自身の成長を実現できます。
しかし、M&A仲介会社は人気が高く、簡単には入社することはできません。

キャリアラダーでは、M&A仲介会社への就活を無料で支援しています。

M&A仲介会社を志望している方はもちろん、
「興味があるけど、具体的にどういう仕事か分からない」「志望動機や自己PRをどうすれば良いか知りたい」など、
悩んでいる方も、まずはお気軽に相談してみてください!