M&A業界への選考対策

【転職情報】M&A仲介業界への転職難易度は!?転職難易度と求められるスキルを大公開!

    急増するM&A仲介業界への転職希望者。果たして内定を獲得する難易度は?

    昨今、M&A業界の盛り上がりと共に、M&A業界への転職希望者が急増しています。数年前は銀行や証券会社等の金融機関からの転職者が多い傾向にありましたが、業界の知名度と共に、金融機関だけでなくメーカーや商社等で活躍をしてきた営業マンのセカンドキャリアとしてもM&A業界が人気となってきました。そのような背景から、競争率が高くなりつつある状況ですが、果たして転職難易度はどの程度なのでしょうか。本記事では、転職難易度について説明していきます。M&A業界への転職を希望している方にとって、転職難易度を図るために参考にしていただければと思います。

    M&A仲介業界の現状

    日本でM&Aが注目されるようになり始めたのは1990年頃からです。その後、M&Aに関連する法改正が行われ、M&Aが行いやすい環境となっていきました。1990年以降、M&Aの成約件数は増加を続け、2020年は新型コロナウイルスの影響で少し落ち込みましたが、2021年は回復傾向にあり、過去最高を記録するでしょう。M&Aの成約件数は今後も増加を続けると考えられています。市場の成長に伴い、M&A仲介会社の数が増えていることも事実です。詳細は以下の記事をご覧頂ければと思います。

    今後のM&A業界の動向

    今後のM&A業界はさらに拡大していくと考えられています。理由の1つは少子高齢化です。少子高齢化は人手不足という問題を引き起こし、業績の拡大を進めようとする企業が直面する問題となっています。その人手不足という問題の解決策の1つとしてM&Aが挙げられます。このような少子高齢化による人手不足により企業の買収ニーズが今後も高まっていくと考えられています。更に、企業を譲渡するニーズも今後高まっていくと考えられています。それは、中堅中小企業の経営者の平均年齢が高齢化しているからです。現状、高齢の経営者でも後継者が決まっていない企業の割合は高い傾向にあります。そのため事業承継問題の解決策の1つとしてM&Aが浸透してきているのです。

    M&A仲介業界への転職の難易度と求められるスキル

    結論から述べると、M&A業界の転職難易度は高いと考えられます。理由は、中小企業のオーナーや上場企業の役員の懐に入り込む人間力・営業力とM&A案件を進めるための論理的思考力の2つが高い水準で求められるからです。また平均年収が1,000万円を越える企業も多く、銀行や証券会社等の営業マンのセカンドキャリアとして人気のある業界といえます。そのため競争率も高くなっています。だからといって、未経験では転職できないかというとそんなことはありません。実際、M&A業界への転職者の多くが未経験者である現状です。営業力や論理的思考力を備えていれば、十分に転職できる可能性はあります。これよりM&A業界にて求められるスキルを詳細に説明していきます。

    M&A仲介会社で求められるスキル

    M&A仲介会社での仕事内容は、譲渡企業と譲受企業のマッチング及び双方へのコンサルティング業務となります。詳細は以下記事をご覧ください。

    そのため、以下にてハード面とソフト面で必要なスキルを一部紹介します。
    ハード面では、譲渡企業と譲受企業のマッチングという点で営業力が必要とされます。テレアポや飛込営業など、地道に粘り強く行う営業経験はM&A仲介会社で生かせるスキルといえるでしょう。また、現職にて経営者や企業の譲渡を希望しているオーナーとのつながりがあるという経験もM&A仲介会社で生かせるスキルになります。
    加えて、案件を段取り立ててすすめる論理的思考能力も必要なスキルとなります。案件を体系立てて考えることで、事前にやるべき事や想定されるリスクなどを洗い出し、何事も先手先手で解決策を提示していくことがスムーズな案件進行に寄与することでしょう。
    ソフト面では、企業の経営者と商談を行う機会が多いため、臆することなく経営者と話すことができるというタフな姿勢が必要になります。また、マッチングと同じように譲渡企業の発掘ではテレアポや飛込営業を行う会社もあるため、粘り強さも求められます。

    M&A業界への転職方法

    M&A業界への転職難易度は高いため、M&A業界への転職をするためには、以下のような方法をお勧めしています。詳しくは以下記事をご覧ください。

    転職エージェントを利用する

    M&A業界もほかの業界と同様に、転職エージェントから求人情報を提供してもらい、書類選考・面接に進む方法が一般的です。転職エージェントによって保有している求人情報は異なりますので、M&A業界への転職に強い転職エージェントを選ぶことで、転職の成功率も変わってくるでしょう。キャリアラダーでは、M&A業界に特化した転職サポートを行っています。M&A業界への転職を検討している方は一度、無料相談をお申込みください。

    直接、企業へ応募する

    企業が自社のホームページ上にて、求人情報を掲載している場合もあります。その場合には直接企業に応募して、書類選考・面接に進むこともできます。転職エージェントを利用した場合と異なるのは、企業との面接日程・入社日・入社条件の交渉などを自分で行わなくてはいけない点です。転職エージェントを利用する場合は、転職エージェントが企業と求職者の間を取り持ち、調整を行ってくれますが、直接企業に応募する場合にはそれらを自分で行う必要が出てきます。1社のみ受けるという場合であれば、それほど手間も多くありませんが、複数社受ける場合には手間が増えてきますので、転職エージェントを利用するほうが効率よく転職活動が進むでしょう。

    リファラル採用で入社する

    M&A業界のいくつかの企業はリファラル採用といい、従業員の紹介による採用を行っている企業もあります。もし、自分の周りにM&A業界に勤めている方がいれば、リファラル採用を行っていないか聞いてみるとよいでしょう。リファラル採用のメリットは社内のことをよく知っている従業員から事前に情報を聞いて、面接に臨める点です。一方、紹介する従業員にも責任が発生してくるため、企業の雰囲気によっては入社後に”成果を出さなくてはいけない”というプレッシャーを感じる場合もあるかもしれません。事前に社内の雰囲気などを聞いたうえで、慎重にリファラル採用を活用するか決断するとよいでしょう。

    M&A業界の転職面接を突破するコツ

    M&A業界の転職面接を突破するコツはその企業が求めるスキル・人脈を保有しているということをアピールすることです。今回はパターン別にアピールポイントをご説明していきます。別の視点からも以下記事で解説していますのでご覧ください。

    M&A業界への転職でアピールするポイント

    M&A業界への転職活動にて最もアピールしたいのが営業力です。地道な営業活動ができること、実績をあげていること、ハードな営業活動を行ってきたといった営業力をあることをまずはアピールしましょう。具体的には、MVP賞や頭取賞など、表彰経験がある場合は、高く評価される傾向にあります。また、金融機関での営業を行っており、実際にM&Aを行ってくれそうな譲渡企業、譲受企業との人脈がある場合には、営業力と合わせてアピールしましょう。M&A仲介会社は譲渡企業、譲受企業をマッチングさせることがミッションのため、すでに繋がりがあるのは、魅力的な人材だと評価されます。
    一方で、前職で突出する営業成績のない方や譲渡企業、譲受企業とのコネクションがない方は転職の難易度がグッと上がるかと言えばそうではありません。大半は、そうでない方ですので、弊社ではM&A業界への知識を深め、応募企業が求める事を理解し、熱意を持って応募をすることで、内定を獲得する方法を推薦しています。

    M&A仲介業界への転職ならキャリアラダー

    株式会社キャリアラダーはM&A仲介会社に特化した転職エージェントです。上場M&A仲介会社から未上場M&A仲介会社、非公開求人まで幅広く取り扱っています。業界未経験者にとって、M&A仲介業務は理解しにく業務ではありますが、弊社ではM&A仲介業界経験者がしっかりと業務内容について解説をし、理解を深めた上で後悔のない転職活動に望んでいただけるよう、お約束いたします。是非一度、以下の無料転職フォームよりお問い合わせください。

    関連記事

    TOP