M&A業界の選考対策

【転職情報】M&A仲介業界への転職を失敗に終わらせないためには?業界経験者が徹底解説していきます!

    業界が成長すると共に、急増しているM&A仲介業界への転職者数ですが、転職者数の増加に伴い、転職者の中でも成功する人と失敗する人に分かれつつあります。本記事では、M&A仲介業界への転職にあたり、失敗しないために出来る事やすべき事を解説していきます。また成功の定義と失敗の定義については人それぞれだと思いますが、筆者の考える成功と失敗の定義についても明記しながら解説していきます。

    M&A業界への年間転職者数について

    M&A仲介会社で上場している会社の各社IR資料(2022年1月時点で直近のIR資料)を参考にすると、M&Aコンサルタントの純増数は年間で約200名です。この数字は純増数なので、退職率を約10%と仮定すると、上場会社における年間の入社人数は220名から235名と想定されます。また、あくまでこの数字は上場会社のみの数字であるため、上場会社と未上場会社の従業員比を4:1と仮定する(ここでの未上場会社とは、採用を積極的に行っている会社を想定し、5名以下での少数精鋭の会社や個人で運営する会社は対象外とする)と、市場全体では約300名の転職者がいると想定されます。

    転職における成功と失敗の定義とは

    転職者によって、転職の成功と失敗の定義は異なると考えられます。そこで、本記事では成功と失敗の定義を今までの転職者支援経験を基に、定義していきたいと思います。M&A仲介業界へ転職者の多くは以下のような考えを持ちながら、転職する方が多いです。
    ・更に社会的意義のある仕事がしたい
    ・年収をUPさせたい
    ・経営者と直接的なネットワークを図りたい
    ・幅広い仕事を見てみたい
    上記はあくまで一例ですが、多くの転職者は上記の考えを持って転職をしています。上記はそれぞれ独立しているように見えますが、全部もしくは一部が「M&Aの案件を成約させること」で達成できそうです。従って、本記事では成功とは「M&Aの案件を成約させている状態」とし、失敗とは「M&Aの案件が成約していない状態」と定義することとします。

    転職者の中で明暗を分けるポイント

    さて、成功と失敗の定義を終えたところで、転職者の中で明暗が分かれる理由を解説していきます。あくまで筆者の意見ですが、明暗が分かれるのは転職してから1年後であることが多いです。M&A業界に内定を獲得した時点では、転職者の中で能力に大きなバラツキはないと考えています。転職者は、各業界で結果を残してきた方々が多く、激しい倍率の中で内定を勝ち取った方々です。また、転職者の多くは業界未経験であり、M&Aの知識は全くない事が一般的です。そのような中で、なぜ転職してから1年間の間で、明暗が分かれるのでしょうか。筆者の見解では大きく3つの要素が明暗を分けるポイントだと考えています。
    ①M&A業界及びM&A仲介会社への十分な理解による転職活動
    ②内定後からの事前準備
    ③入社後の活動
    以下では①~③について、詳しく説明していきます。

    M&A業界及びM&A仲介会社への十分な理解による転職活動

    そもそも論の話ですが、M&A業界及びM&A仲介会社に対する入社前の想像と入社後の実態が乖離していては、成功することが困難だと考えております。理由は明確で、M&A業界で活かせると想像していた自分の能力が発揮できなかったり(もしくは不必要)、自分の苦手な仕事が必要であったりする場合は、成功は難しいかと思っています。現代ではインターネットが発達しており、情報の非対称性は解消されつつありますが、十分な理解をするためにはM&A業界に特化した転職エージェントに相談する必要があると考えています。弊社は、M&A業界経験者が在籍しておりますので、上記のような乖離を少なくするべく、実態に沿ったお話をさせて頂いております。

    内定後からの事前準備

    転職者の方々にお伝えしたい事として、内定獲得はゴールではありません。内定を獲得してから在籍している会社を退職するまでの有給休暇の使い方は重要視するべきポイントです。具体的に、M&Aに関する参考図書の熟読や、日商簿記検定2級の獲得等、M&A業界で働き始める1日目からスタートダッシュが出来るように、準備をしておきましょう。最近では、各M&A仲介会社が入社前課題として、課題図書や資格の取得等を推奨している様子ですが、それだけではなく+αで準備をすることが大切です。

    入社後の活動

    晴れて入社した後から本格的な活動が始まります。ご存じの方も多いかと思いますが、M&A業界のマーケットは活況であり、業界が成長しています。従って、愚直に仕事に励んでいれば、成功できる可能性は高いと考えています。良くも悪くも、M&A業界は個人事業主のような働き方であり、自分の裁量で仕事量をコントロールできる事が多いです。この特性を活かし、入社半年間から1年間は、自分に鞭を打って仕事に励んだ方が良いでしょう。具体的には、しっかりと計画通りに営業活動を行い、自分の弱さに打ち勝つ事が重要だと考えています。

    M&A業界への転職を失敗させないためには

    ここまで読んで頂いた方にはお分かりの通り、M&A業界への転職を失敗させないためには、①M&A業界及びM&A仲介会社への理解を十分に深める②内定後から入社までの期間でしっかりと準備をする③入社後は愚直に仕事に取り組むの大きく3つが必要です。弊社では、M&A業界及びM&A仲介会社への理解を深めていただく為に、忖度なしにM&A業界や各M&A仲介会社のご説明を致します。また、内定から入社までのサポートも対応しており、業界経験者によるアドバイスも行っています。最後に、M&A業界への転職の成功と失敗は、転職者の方々の活動や意識によって大きく変えられるという事をお伝えしておきます。それでは、M&A業界に挑戦し、大きく羽ばたいて頂くことを祈っています。

    M&A仲介業界への転職ならキャリアラダー

    株式会社キャリアラダーはM&A仲介会社に特化した転職エージェントです。上場M&A仲介会社から未上場M&A仲介会社、非公開求人まで幅広く取り扱っています。業界未経験者にとって、M&A仲介業務は理解しにく業務ではありますが、弊社ではM&A仲介業界経験者がしっかりと業務内容について解説をし、理解を深めた上で後悔のない転職活動に望んでいただけるよう、お約束いたします。是非一度、以下の無料転職フォームよりお問い合わせください。

    関連記事

    TOP