You are currently viewing 【M&A業界転職】営業マンの最高峰!激務と言われるM&A仲介になぜ転職する?

【M&A業界転職】営業マンの最高峰!激務と言われるM&A仲介になぜ転職する?

M&A仲介への転職は、営業職に従事している方にとってステップアップの絶好の機会です。日々の営業活動で磨かれた交渉力やコミュニケーション能力は、M&A仲介で必須となるスキルです。

M&A仲介は確かに精神的・身体的にきつい!激務!と言われますが、平均年収一千万円を超える高額の報酬や成約時の達成感は他に代えがたい魅力です。

また、企業の経営戦略に深く関わるため、ビジネスの最前線で活躍する責任とやりがいを感じられるでしょう。
既存の営業スキルを活かしつつ、新たな分野での成長を求める営業マンにとって、M&A仲介は最適なキャリアの選択肢となります。

目次

M&A仲介業務(M&Aアドバイザー)は、企業の買収や合併を円滑に進めるための重要な役割を果たすため、営業スキルを活かして高額な手数料を得る一方で、激務と評されることも多いです。そのため、M&A仲介業界に転職を考える際には、具体的な仕事内容や必要なスキルについてしっかりと理解しておくことが大切です。

M&A仲介業務では、まずクライアントの目標やニーズを把握し、適切な買収や合併の戦略を立案します。その後、ターゲット企業のリストアップ、交渉の進行、契約書の作成など多岐にわたる業務を遂行します。

また、ディールが成立するまでの過程で、財務分析や法務チェックなど専門知識も必要です。
営業職の経験者は、このプロセスでクライアントとの信頼関係を築く能力が強みとなるため、その経験を十分に活かすことが可能です。

以上を踏まえ、M&A仲介業界で成功するためには、営業スキルに加え、財務知識や法務理解、高い交渉力が求められます。従って、転職に際してはこれらのスキルを事前に身につけておくことが不可欠です。

M&Aの意味とその重要性

M&AとはMergers and Acquisitionsの略で、企業の合併(Mergers)と買収(Acquisitions)を指します。

M&Aは企業が持続可能な成長を達成するための戦略として広く活用されており、経営資源の最適化、市場シェアの拡大技術力やブランドの強化が実現されます。

営業職の経験を活かし、M&A仲介への転職を考えるなら、企業価値の増大を促進するスキルが求められます。成功したM&Aは企業価値を高め、全てのステークホルダーにメリットを提供します。

企業がM&Aを行なう5つのメリットをご紹介します。

1. 市場拡大とシェアの増加

M&Aは、企業が新しい市場に迅速に参入し、市場シェアを拡大する効果的な手段です。特に異なる地域や国の企業を買収することで、地理的な市場を広げ、既存市場での競争力を強化できます。

また、同業他社の買収により、業界内での支配力を高めることができます。

Reuters

2. 事業承継のスムーズ化

多くの中小企業は、後継者不足という課題に直面しており、M&Aはその解決策として有効です。
M&Aを通じて、事業を継続させるためのスムーズな移行が可能になり、オーナーは引退後も事業の将来を安心して託すことができます。
また、従業員や顧客の継続的なサポートも確保されるため、企業の存続と成長が期待されます。

3. 成長戦略の加速

M&Aは企業の成長を加速させる効果的な方法です。既存の製品ラインを補完する新製品や技術を持つ企業を買収することで、イノベーションが促進され、市場における競争力が強化されます。また、既存の顧客基盤に対して新しい製品やサービスを提供することで、売上の増加と市場シェアの拡大を図ることができます。

4. 経済的スケールメリットの享受

規模の経済を利用することで、M&Aは企業にコスト削減と運営効率の向上をもたらします。
生産能力の統合や、重複する業務の整理により、運営コストを削減し、より効率的な事業運営が可能になります。
さらに、大規模な買い付けや供給チェーンの最適化を通じて、調達コストの削減も期待できます。

5. 技術力と人材の獲得

M&Aは、革新的な技術や優秀な人材を迅速に獲得するための戦略的手段です。
特に、スタートアップや技術力の高い企業を買収することで、自社の技術力を強化し、業界での競争優位性を確保できます。
また、買収を通じて新しい視点やスキルを持つ人材を取り込み、組織全体の能力を向上させることができます。

M&A仲介の具体的な業務内容

M&A仲介の業務は非常に幅広い範囲に及びます。営業職からM&A仲介に転職を考えている方には、以下の具体的な業務内容を理解しておくことが重要です。

まず、ソーシングと言われる案件の発掘では、潜在的な買い手や売り手企業をリサーチし、アプローチを行います。次に、企業評価として、財務デューデリジェンスを実施し、売買対象企業の価値を正確に評価します。

続けて、交渉支援では、買い手と売り手の条件交渉をサポートし、双方が納得できる条件を引き出します。契約締結支援においては、必要な法的手続きや契約書の作成をサポートし、取引の完了を確実にします。

最後に、統合支援として、M&A後の企業統合に関するサポートを行い、業務の円滑な移行を実現します。

以上がM&A仲介における主要な業務内容です。これらのスキルと知識を持つことで、新たなキャリアパスとしてのM&A仲介に挑戦することが可能です。

0.リード獲得

ソーシングとして呼ばれるリード獲得ではまず、対象企業リストを作成します。業種、規模、地域などの要素を基に、潜在的な売り手企業や買い手企業をリストアップします。

その後、リストアップした企業に電話でアプローチし、M&Aのニーズや興味を確認します。このとき、相手企業の状況や要望をしっかりとヒアリングすることが重要です。

既存の顧客のディールを進めながらも、毎日100件以上の架電を行ない、毎日1件以上は新規のお客様との商談機会を創出します。

1. クライアントとの初期相談・案件化

テレアポの結果、企業が興味を示した場合には、初回面談のアポイントを設定します。

この段階で特に重要なのは、売り手企業に信頼されることです。企業の経営者や担当者に対して、M&A仲介会社の専門性や実績を的確に伝えることで、信頼関係を構築することが重要です。

概要:
M&A仲介会社は、売り手または買い手企業からの相談を受け、取引の目的や目標を確認します。初期相談では、企業の売却または買収の意図を理解し、M&Aの可能性を評価します。

具体的な業務:
●クライアントのニーズのヒアリング
●企業の現状と目標の把握
●M&Aの基本的な流れと可能性の説明

2. 企業評価(バリュエーション)・企業概要書(IM)作成

概要:
M&A仲介会社は、売却または買収対象の企業の価値を評価します。これには、財務分析、事業の見通し、資産の評価が含まれます。企業価値の適切な評価は、取引価格の決定に重要です。

具体的な業務:
●財務諸表の分析
●企業価値評価(DCF法、比較会社法、取引事例法など)
●評価レポートの作成

3. 買い手・売り手のマッチング

概要:
M&A仲介会社は、クライアントの要件に合った買い手または売り手を見つけるためのマッチングを行います。
これには、広範なネットワークを活用した企業の探索や、業界動向の分析が含まれます。

具体的な業務:
●潜在的な買い手または売り手企業のリストアップ
●企業情報の提供
●双方の要望に基づいたマッチング

4. デューデリジェンス(企業精査)

概要:
デューデリジェンスは、買い手企業がターゲット企業の詳細な調査を行い、リスクや問題点を特定するプロセスです。仲介会社は、デューデリジェンスの調整と支援を行います。

具体的な業務:
●デューデリジェンス計画の策定
●財務、法務、事業、税務などの調査
●調査結果のレポート作成

5. 交渉と契約

概要:
M&A仲介会社は、買い手と売り手の間で取引条件の交渉を支援します。これには、価格交渉、契約条項の合意、法的文書の作成が含まれます。

具体的な業務:
●価格および取引条件の交渉
●法律顧問との連携による契約書の作成とレビュー
●最終契約の締結支援

6. クロージングと統合支援

概要:
クロージングは、M&A取引の完了を意味し、全ての条件が満たされ、正式に取引が成立します。
仲介会社は、クロージングの手続きとその後の統合プロセスを支援します。

具体的な業務:
●クロージングに必要な手続きの実施
●統合計画の策定と実行支援
●ポスト・マージャー・インテグレーション(PMI)のサポート

M&A仲介に必要なスキルとは?

M&A仲介業務に従事するためには、以下のスキルが求められます:

●高い営業力:潜在的な取引先と信頼関係を構築し案件を獲得する能力が必要です。特に、的確なヒアリングと提案力が求められます。
●財務分析能力:企業価値を正確に評価するための財務分析スキルが重要です。これにより、適正価格での取引を実現します。
●交渉力:双方が納得できる条件を引き出すための高度な交渉スキルが不可欠です。適切な合意に導くための戦略的思考が求められます。
●法務知識:契約や法的手続きに関する基本的な知識が求められます。これにより、法的リスクを最小限に抑えることができます。
●コミュニケーション能力:多様なステークホルダー(経営者、弁護士、会計士など)と円滑にコミュニケーションを取る能力が必要です。透明性のある対話が成功のカギとなります。

営業職の方がM&A仲介に転職を考える背景には多くの魅力があります。
まず、営業経験があることでクライアントとのコミュニケーションが円滑に進みやすいという強みがあります。

●さらにM&A仲介では成功報酬型の報酬体系が一般的で、高い成果を上げることで大きな収入を得るチャンスが広がります。
●また、多くの事業者や経営者と交渉することで、業界知識やビジネススキルが飛躍的に向上するというメリットもあります。
●そして、現職では感じられなかった社会貢献性・お客様からの涙を流すほどの感謝を受けられることも大きな理由となります。
●最終的には、これらの要素が相まって営業職のスキルを最大限に活かすことが可能なM&A仲介への転職が、非常に有望な選択肢となるのです。

M&A仲介大手4社の平均年収

東洋経済オンライン

●日本M&AセンターHD:1991年設立

代表者名:代表取締役社長 三宅 卓
売上高:441.3億円(2024年3月期)
平均年収:1,243万円(全社員平均 ※バックオフィス含む)

●M&A総合研究所:2018年設立

代表者名:代表取締役社長 佐上 峻作
売上高:86.4億円(2023年9月期)
平均年収:2,815万円 (在籍1年超アドバイザー平均)

●M&Aキャピタルパートナーズ:2005年設立 

代表者名:代表取締役社長 中村悟
売上高:208.5億円(23年9月期)
平均年収:2,478万円(全社員平均 ※バックオフィス含む)
平均年収:4,537万円(在籍1年超アドバイザー平均)

●ストライク:1997年設立 

代表者名:代表取締役社長 荒井 邦彦
売上高:138.2億円(2023年9月期)
平均年収:1,438万円(全社員平均 ※バックオフィス含む)

となっており、M&Aキャピタルパートナーズに関しては上場企業平均年収ランキングを9年連続1位獲得しています。

営業マンとしての経験やスキルは、M&A仲介においても非常に重要です。以下の点がその理由です。

営業マンとして培った高度なコミュニケーション能力は、M&Aに関する複雑な交渉を円滑に進めるために大いに役立ちます。
また、営業マンは顧客との信頼関係を築くことに長けており、M&Aの成功に不可欠なクライアントとの強固な関係性を自然に構築できます。

さらに、営業マンの特徴である結果重視のマインドセットは、M&A仲介の分野でも重要であり、成長と成功をもたらす原動力となります。

これらのスキルと経験を活かすことで、M&A仲介への転職が非常に効果的であると言えるでしょう。

M&A仲介業への転職を考えている営業職の皆さん、M&A仲介は業界全体で厳しい業務環境が特徴です。多くの日常業務で高い労働時間、緻密な調査、クライアントとの密なコミュニケーションが求められます。

案件ごとに異なる戦略が必要で、迅速な意思決定が求められる場面も多いです。しかし、その厳しさの中には大きな報酬やスキルアップの機会が待っています。

一度成功を収めれば、豊富な成功報酬やキャリアの成長が期待できるため、挑戦する価値があります。

実際に働いているM&Aアドバイザーの1日

①平均的な働き方

平均的な働き方は以下のようなスケジュールです。

~9:00 出社
9:00~12:00 顧客との面談、もしくはその準備
12:00~13:00 同僚とランチ
13:00~14:00 顧客との面談
14:00~17:00 営業活動
17:00~ 資料作成等の事務作業
20:00 帰宅

ポイントは、一般的に叫ばれている激務とは遠く、9:00出社、19:00退社であることや、日中には顧客との面談や案件の提案活動のためのコールドコールなど、顧客折衝に充てる時間が多いです。

②案件が佳境に入っているときの働き方

案件が佳境に入っているときの働き方は以下のようなスケジュールです。案件が佳境に入っているときとは、デューデリジェンスが複数の案件で同時に走っているときや、最終契約書の調整が行われているときを想定しています。

~7:30 出社
7:30~10:00 各種対応業務(オフィス)
10:00~12:00 顧客との面談
12:00~13:00 各種対応業務(オフィス)
13:00~15:00 顧客との面談
15:00~19:00 各種対応業務
19:00~20:00 夕食
20:00~23:00 各種対応業務

やはり案件が佳境に入ってくると労働時間は長くなり、精神的なストレスのかかる仕事だと思います。特に、中途で入社して1-2年目は、分からない事も多く各種対応や調整に時間がかかってしまう事が多いでしょう。

初成約のタイミングでは会社に寝泊まりをし、資料を作成するケースもございます。

営業マンが感じるプレッシャーとその対処法

M&A仲介業務では、多くの営業マンが高いプレッシャーを感じます。主な原因は以下の通りです。

●高額な取引に伴う責任の重さ
●クライアントとの関係構築のプレッシャー
●営業成績ゼロの精神状態

その企業の一生を占うM&Aを一人で担当するため、非常に大きな責任が伴います。

また、お客様であるオーナー社長にとっても人生をかけた大一番です。少しでもミスがあれば怒鳴られ、ディールブレイクしてしまいます。売手と買手の双方に入る板挟みの営業である点も、非常にプレッシャーとなります。

そして、成約数が1年に1~2件が平均ということもあり、年間の売上実績がゼロも状態が数カ月続くのが当たり前です。営業マンにとって成果がゼロの状態はぞっとすることでしょう。

転職1年目では成約出来ずに終わってしまう人も半分はいると言われています。

営業職としての経験を活かしてM&A仲介への転職を目指す方に、効果的なアプローチ方法と成功のポイントを解説します。
内定獲得には次の3点が大切です。

●業界理解・業務理解・企業研究
●営業資料のような応募書類の作成
●面接を営業の場としてアピールする

業界理解・業務理解・企業研究

まずは、M&A仲介というお仕事についてしっかり理解する必要があります。業務内容を理解しないことには、自分の今までの営業経験との親和性を見出すのが難しいでしょう。こちらに関しては本を読んで体系的に理解することをお勧めしています。※おすすめ本を知りたい方はお問い合わせください。「あなたの経験・強みはM&A仲介でどう活かせますか?」という質問に自信をもって説明できるようになりましょう。

そして、業界内での企業研究を進めていきます。業界内でも各社様々な特徴がございます。どの企業が自分自身にあった企業なのか、どこに行けば最も活躍できる土壌が整っているのかを理解しましょう。「どこのM&A仲介会社を受けていますか?」という質問とその理由は必ず聞かれます。

営業資料のような応募書類の作成

応募書類はあなたの営業ツールです。

過去の営業実績やプロセス、得たスキルを、M&A仲介でどのように応用できるか具体的に示すことで、採用担当者に強い印象を与えることができます。

具体例として、売上を前年比で何パーセント増加させたか、達成した契約件数、高単価の取引を成功させた事例などを含めることで信憑性が増します。

また、営業のプロセスで培った交渉力、プレゼンテーション能力、問題解決能力といったスキルを基に、M&A仲介におけるアプローチを具体的に記述することが重要です。採用担当者は、その営業実績の『再現性』を見出します。

とりあえず応募して、面接で戦おうという考えは甘いです。面接においては応募書類に書いてある内容しかほとんど聞かれません。
営業において、資料に書いてないことばかりを説明してもお客様はあまり理解できないのと同様です。

しっかりと応募前に、『面接を見越した』応募書類を作成しましょう。

面接を営業の場としてアピールする

面接は営業のプレゼンテーションと同じです。

自己を顧客に売り込むためには、事前準備をしっかり行い、相手のニーズを深く理解することが重要です。過去の成功体験や失敗から得た教訓を具体的に説明し、それがどのようにM&A仲介で役立つかを明確に伝えることが鍵です。

特に、M&A仲介への転職を考えている営業職の方にとって、自らの営業スキルや経験がこの新たな分野で価値を持つことをアピールすることで、面接官に強い印象を残すことができます。

どんなに稼いでいる営業マンであっても、いきなり面接の場についても力を発揮することは出来ません。あなたは営業で成果をあげるために何度も『ロープレ』を行なったことでしょう。

面接においてもしっかりとロープレを行ない、自分を最大限発揮できる場にする必要があります。

弊社の強みはM&A業界未経験の方を合格まで導く選考対策力です。

書類作成から念入りに準備を行ない、平均30回以上の面談を通して内定・入社までサポートします。

他社エージェントを利用して、書類も通らなかった人でも書類を作り直して内定・入社したケースも多数ございます。

また、レスポンスの早さを売りにしておりますので常に転職の味方が伴走している安心感を感じていただけるかと思います。

営業マンは忙しいと思います。弊社は「話すだけで転職できる」転職エージェントでもございます。

これまでの仕事内容や実績について数回の面談の場に来ていただくだけで、プロフェッショナルな応募書類を作成し、面接の場を設定いたします。応募できる求人も業界最多級なので、あなたに合った企業との面接をセッティングいたします。