M&A企業分析

【企業分析】日本M&Aセンターへの転職で必要な選考対策とは?独自の選考フローはある?

    日本M&Aセンターへの転職難易度は極めて高く、たとえ金融機関でトップの業績を出された方であっても、しっかりとした選考対策なしでは選考を突破できません。自己分析により仕事内容及び働き方への適性を明確にしておくことはもちろん、事業内容への理解、現職で培ったネットワークが転職後どのように生かせるのかという観点でのアピールが求められます。元々、大手M&A仲介会社で仕事をしていた筆者が直接転職サポートをさせていただく、キャリアラダーにてしっかりと対策をした上で、選考に臨みましょう。

    日本M&Aセンターはどんな会社?

    日本M&Aセンターは業界最大手のリーディングカンパニーであり、同時に業界を生み出した企業でもあります。

    会社名株式会社日本M&Aホールディングス
    資本金37億円(東証1部上場 証券コード2127)
    設立1991年4月25日
    代表者・役員代表取締役会長 分林 保弘
    代表取締役社長 三宅 卓
    専務取締役 楢木 孝麿
    常務取締役 大槻 昌彦
    取締役 竹内 直樹
    取締役 渡部 恒郎
    取締役 熊谷 秀幸
    社員数(連結)949名(2021年12月末時点)
    企業目標我々は経営理念に則って、次の5つの行動規範に沿って企業活動を行います。
    ○「M&A」・「経営戦略」を中心とした“総合経営コンサルタント会社”を目指す
    ○当社の行う事業は「社会的公器」であり、より多くの顧客に当社の機能を活用いただけるように社会的認知と信頼性を高め、より一層の発展を目指す
    ○企業の4大目標『収益性・安定性・成長性・社会性』に関して、自社とクライアント企業に対し常に検証し追求する
    ○顧客に対して常に最高レベルでのサービス(ノウハウ・品質・信頼性)を追求する
    ○コンプライアンス遵守と企業の社会的貢献を重視した経営を行う
    事業内容M&A仲介業他M&Aにかかる業務全般
    拠点【国内】東京本社、大阪、名古屋、福岡、札幌、広島、沖縄、その他、国内23ヶ所にサテライトオフィスなど
    【海外】シンガポール、インドネシア、ベトナム、マレーシア

    現在ではM&A仲介の機能だけでなく、投資ファンド、小規模案件用のプラットフォーム、デューディリジェンスの企業など、M&Aの総合企業となっています。それに合わせて、2021年10月には日本M&Aセンターホールディングスを純粋持ち株会社とする組織再編をしています。

    企業の成長に合わせて採用も強化しており、経験者はもちろん未経験者の採用にも積極的です。しかし、そもそもの従業員数が少ない会社であるため、積極的とはいえ年間で50人から100人の採用です。正式な数値は公開しておりませんが、年間数千人がチャレンジしているとも言われているため、一度に数百人を採用することもある大手企業と比べると転職難易度は高いと言えるでしょう。未上場のM&A仲介会社の場合、そもそも社員数が少ないために、入社後の研修も特にないまま現場に出されることもありますが、同社の場合は手厚い研修制度が用意されています。ここはリーディングカンパニーならではの特徴と言えるでしょう。

    日本M&Aセンターの選考フローは?

    日本M&Aセンターの選考フローは、優秀な人材を採用するために非常に工夫されており、この点でもしっかりとした対策が求められます。

    書類選

    課題選考(動画や作文の課題が与えられることが多いです)

    面接(複数回)

    内定

    入社

    特徴的なものは課題選考です。抽象的なテーマに対してご自身の考えを書くことが多く、特別な対策が必要となります。弊社では今までの実績に基づいた専門的な対策をしておりますので、詳細はコンサルタントにご相談をされてください。

    日本M&Aセンターの対策のポイントは?

    ズバリ、企業文化の理解と事業内容の理解にあると考えています。M&A仲介業界は、成長業界として転職市場だけでなく社会全体から注目を浴びていますが、一部の悪徳業者による利益相反行為をはじめ批判があることも事実です。日本M&Aセンターが入社してくる社員に求めることは、「日本の未来のために企業の存続と発展に貢献する」というマインドセットです。業界の課題として、担当者の倫理観と能力によって、顧客へのサービス品質に大きな違いが生まれてしまうことが挙げられますが、同社はM&Aというソリューションを用いて日本企業を豊かにすると本気で思える方を求めています。

    日本M&Aセンターへの転職に挑戦しよう

    日本でも数少ない成長産業である、M&A仲介業務での勤務経験と得たスキルは確実に長期的に役に立つものとなります。時々、「今がブームで過ぎ去ったら活躍の場を失う」のではないかと考えて、転職を躊躇される方がいらっしゃいますが、後継者不在の問題は人間の生死に由来するニーズであり、今後も需要は底堅いものであります。その上、日本の人口が減少し、労働力や購買意欲が低減していく中で企業も生産性を高めることが求められています。優秀なM&Aコンサルタントとして日本経済の発展に寄与しましょう。

    日本M&Aセンターへの転職ならキャリアラダー

    株式会社キャリアラダーはM&A仲介会社に特化した転職エージェントです。日本M&Aセンターをはじめ、幅広いM&A仲介会社への転職活動を支援しています。業界未経験者にとって、M&A仲介業務は理解しにく業務ではありますが、弊社ではM&A仲介業界経験者がしっかりと業務内容について解説をし、理解を深めた上で後悔のない転職活動に望んでいただけるよう、お約束いたします。是非一度、以下の無料相談フォームよりお問い合わせください。

    関連記事

    TOP