転職情報

【転職情報】M&A仲介業界への転職理由をその道のプロが9つ大公開!

    M&A仲介会社は需要の拡大に追いついていくため、近年採用を強化しています。以前は、銀行出身者やFA企業など、中小企業のオーナーを相手にした営業に慣れている人材に絞って採用することが一般的でしたが、近年は事業会社からの採用や、同業間の移籍も増えており、採用市場は加熱の一途を辿っています。

    M&A仲介会社の転職に特化した、キャリアラダーが実際に転職希望者の方と面談を重ねる中で出てきた、転職理由の代表的なものを9個ご紹介します。転職を迷われている方には共感する部分も多いかと思いますので、ぜひご参考にされてください。

    銀行からM&A仲介会社への転職を希望されるケース

    上段で、多様な人材がM&A仲介会社に転職しているというお話をさせて頂きましたが、やはり現在でも、業務内容の親和性の高さから多くの転職希望者がいらっしゃるのが銀行出身者です。中小企業のオーナーを相手にした営業に慣れていたり、財務の知識があったりと、大いに銀行でのご経験は役に立つと思います。早速転職理由を見ていきましょう。

    銀行の将来に不安を感じて

    圧倒的に多いのが将来への不安です。現在、地方銀行の統合が金融庁主導で進められていたり、インターネット銀行が拡大していたりと、日頃のニュースや実生活でも銀行というビジネスがより時代に適応してくことが求められていると感じる場面が増えてきました。

    「このまま今の銀行にいていいのだろうか」という不安が、これからも安定的な成長が見込まれているM&A仲介会社への転職意欲を高めるのだと思います。

    どんなに頑張っても頑張りが認められない

    銀行はどこの銀行でも基本的には年功序列の文化が色濃く残っていると言えます。年齢が少し上の先輩より、自分自身の方が成果を上げていても、給料は先輩の方が高く、立場も上という状況が続くと、若手の優秀な銀行員は退職を考えるようです。また、上席を見れば、自らがこのまま銀行に残って出世した時の姿がおおよそ見えてしまい、場合によってはやる気を無くしてしまうようです。

    顧客に感謝される仕事がしたいと思い転職を検討

    もちろん、銀行が社会に必要な仕組みであることは間違いないです。しかし、「晴れの日に傘を貸し、雨の日に傘を取り上げる」という、有名な揶揄があるように、金融機関は審査という観点で、顧客のために仕事ができないことも多くあります。そして、金余りの日本では、おつきあいでお金を借りてもらうという、お願い営業も多く、本当に自身の仕事は顧客のためになっているのだろうかという気持ちが湧いてくるようです。

    M&A仲介業は、国策として事業承継を推奨しているように、多くの顧客がそのサービスを求めています。

    証券会社や保険会社から転職を希望されるケース

    証券会社や保険会社も銀行に続いて転職者が多い業界です。金融商品という営業商材としての取り扱いが難しいことと、顧客の懐に入る人間力を必要とされるため、M&A仲介の業務との親和性が高いと言われています。しかし、リテール営業しか経験したことない方だと、決算書を見たことがないなど、知識の面ではゼロベースからのスタートとなるため、入社後に人一倍勉強する必要があるでしょう。では、転職理由を見ていきましょう。

    ネット証券の台頭など、業界の将来性に不安を感じて

    銀行の方と同じ理由ですが、手軽に誰でもすぐにインターネットで上場株式や投資信託を購入できるようになった現在では、わざわざ高い手数料を支払って証券会社を使うメリットが薄れています。現在では、売買手数料ゼロにするところも出ているくらいなので、市場環境はかなり厳しいと言えるでしょう。

    個人営業ではなく法人営業に挑戦してみたい、専門性を身につけたいと考えて

    証券会社のリテール営業に従事している方は、個人営業がメインとなると思います。一方でM&A仲介業務は法人営業が中心で、ただ顧客に気に入られればいいというわけではない、難しさがあります。あなたの会社にはM&Aというソリューションが必要なんだということを、しっかりと理解してもらう必要があるため、客観的に見れば失礼なことでも、腹を割って話さなければならない時もあります。

    そのような観点で、より高度な仕事に挑戦しキャリアアップを図りたいという方も多いようです。

    事業会社から転職をするケース

    M&A仲介業界は、金融機関を中心として、財務の知識がある営業経験者が多い印象でした。しかし現在では、採用競争の激化を背景に、IT企業や五大商社、専門商社など幅広い企業からM&A仲介会社に転職してきています。転職理由をみてみましょう。

    面白そうな仕事だからチャレンジしたい

    筆者は、転職エージェントとして多くの事業会社出身者の方と面談をしてきましたが、最も多いのがこの理由であるように感じています。漠然とした理由ではありますが、会社の売買という特殊で複雑な仕事に面白みを見出す人は多いようです。

    ズバリ、稼ぎたい

    事業会社から転職される方に限ったことではないですが、やはりお金を稼ぎたいという理由は多いです。入社数年で年収が2,000万円を超えることもザラであるこの業界はかなり特殊で、年功序列の色が強いメーカーの営業や商社マンの若手層にはかなり魅力に写るようです。

    M&A仲介会社への転職ならキャリアラダー

    株式会社キャリアラダーはM&A仲介会社に特化した転職エージェントです。上場M&A仲介会社から未上場M&A仲介会社、非公開求人まで幅広く取り扱っています。業界未経験者にとって、M&A仲介業務は理解しにく業務ではありますが、弊社ではM&A仲介業界経験者がしっかりと業務内容について解説をし、理解を深めた上で後悔のない転職活動に望んでいただけるよう、お約束いたします。是非一度、以下の無料転職フォームよりお問い合わせください。

    関連記事

    TOP