M&Aコンサルタントの働き方・年収・スキル

【転職情報】弁護士積極採用中!M&A仲介会社での業務内容とは?

    本記事では弁護士の方に向けて、最近弁護士の採用を積極的に行っているM&A仲介会社での業務内容について解説しております。弁護士を積極的に採用している会社から具体的な業務内容まで解説しておりますので、M&A仲介会社に興味のある弁護士の方は必見です!

    M&A仲介業界とは?

    そもそもM&A(エムアンドエー)とはMerger(合併)and Acquisitions(買収)の略で、「会社もしくは経営権の取得」を意味します。上記M&Aの仲介を行うため、具体的には会社を売却、買収する両者の間に立ち、その取引を円滑に行えるようにアドバイスを行うことが主な業務内容となっております。業界としては少子高齢化を背景とした後継者不在によって、黒字にも関わらず廃業を選択する経営者も多く、その解決手段としてのM&Aが大きく注目を集めています。中小企業の出口戦略を考えた際に考えられる方法は以下5つしかなく、株主としての利潤を獲得でき、他社と連携して事業を拡大できるM&Aは有効な出口戦略として活用されています。

    1.親族内での承継
    2.役員社員への承継
    3.M&A(第三者への承継)
    4.上場
    5.廃業

    現在上場しているM&A仲介会社だけでなく、未上場企業でも弁護士を積極募集しています。
    M&A仲介会社の一覧については以下の記事をご覧ください。

    M&Aと言うと法務・会計・税務の知識を活用しM&Aアドバイザーが中心となって案件を進行していきますが法律の専門家である弁護士はM&A仲介会社内においてどのような役割を担うのでしょうか?

    具体的な業務内容とは!?

    ・M&Aに関する契約書の原案作成及びチェック
    ・クロージング関係書類の原案作成及びチェック
    ・M&Aのスキーム及び内容に関する法務面からの助言
    ・その他コーポレート法務全般
    ・M&A関連ノウハウの創出、蓄積、ナレッジ共有、教育に関する業務

    M&A関連業務だけでなく、一般的なコーポレート法務の業務も求められることが分かります。

    M&A仲介会社への転職ならキャリアラダー

    株式会社キャリアラダーはM&A仲介会社に特化した転職エージェントです。業界未経験者にとって、M&A仲介業務は理解しにくい業務ではありますが、弊社ではM&A仲介業界経験者がしっかりと業務内容について解説をし、理解を深めた上で後悔のない転職活動に望んでいただけることをお約束いたします。是非一度、以下の無料相談フォームよりお問い合わせください。

    関連記事

    TOP