M&A業界への選考対策

【転職情報】M&A仲介業界への転職!一番ベストな応募方法について解説

    M&A仲介業界について調べ、履歴書・職務経歴書を作成して、いざ企業へ応募しようと考えているあなた。もう応募して大丈夫ですか?転職人気急上昇中のM&A仲介会社は何十社とあるという話は良く聞きますが、採用人数が2桁以上の会社は数えられる程度しかありません。書類通過率は1割程度という業界で気軽に応募し、書類選考で落ちてしまってはせっかくM&A業界へ挑戦を考えていた想いが勿体ありません。一般的に転職における応募方法は直接応募・リファラル応募・転職エージェント経由での応募の3種類があります。M&A仲介業界においてはどの応募方法が一番望ましいのか本記事では解説していきます。

    M&A仲介業界・M&Aコンサルタントの魅力は?

    中小企業庁の推計によると、今後10年間で事業承継が必要な中小企業が全国で60万社出てくると言われております。M&A仲介業とは、事業承継のM&Aをメインの手法として譲渡企業と譲受企業の間に入って交渉の仲介を行なうことを指します。ただ、開示されているM&Aは年間4,000件程度(2021年時点)に留まっており、今後もM&Aのニーズが高まるとともにM&Aコンサルタントの人員も必要になってきています。

    そんなM&Aコンサルタントの仕事の魅力として『年収が高い』『社会貢献性が高い』『優秀なメンバーと仕事が出来る』などが挙げられ、業界への転職を望む人が年々増えております。詳しい仕事内容は、以下の記事をご覧ください。

    転職の応募方法とそれぞれのメリット・デメリット

    人気上昇中のM&A業界への転職は正しい方法で臨まなければ内定獲得は困難です。

    直接応募・リファラル応募・転職エージェント経由での応募についてそれぞれ解説し、M&A業界への転職にはどの方法がマッチしているのか考えます。

    直接応募

    まず初めに、企業のHPや求人情報から自分で書類を作成して応募する直接応募についてです。

    <メリット>

    〇企業と直接やりとりをするので、確実に自分のペースで応募できる
    〇転職エージェントが所有していない求人にも応募できる

    <デメリット>

    〇企業との連絡を直接行うため、やりとりにも気を使わなければいけない
    〇求人数が多すぎて自分で選ぶのが困難
    〇ネットで拾った情報のみで応募するため、浅い業務理解になってしまう
    〇必要な対策が分からない

    選べる求人の幅が広がるというメリットは大きいですが、逆にそれが選びきれないデメリットを生む可能性もあるみたいです。

    リファラル応募

    志望する企業の友人・知人経由で応募するリファラル応募についてです。

    <メリット>

    〇書類選考がない場合など選考フローが通常よりも簡単になることが多い
    〇その会社について、友人から生の声を聞けるためミスマッチが少ない
    〇入社後の関係性が築きやすい

    <デメリット>

    〇受けられる企業が友人・知人がいてかつリファラル採用を実施している企業しかない
    〇紹介してくれた友人の手前退職しずらい

    採用企業側からも能力・定着度をある程度担保できるため、現在導入企業が増えてきています。

    転職エージェント経由での応募

    最後に解説するのは、転職エージェントに紹介してもらった求人で企業に応募する方法です。

    メリット>

    〇転職エージェントから見て自分に合った求人を紹介してもらえる
    〇転職に関して他人に相談しにくいことも相談できる
    〇応募企業についての選考や社内について知ることが出来る
    〇やり取りを転職エージェント経由で行なうので、連絡が楽になる

    <デメリット

    〇転職エージェントの持っている求人の範囲内でしか紹介されない
    〇転職エージェントによって当たり外れが大きい

    尚、M&A仲介業界への転職にあたりおすすめの転職エージェントは以下の記事で紹介しておりますのでご確認ください。

    まとめ

    直接応募・リファラル応募・転職エージェント経由での応募それぞれのメリット・デメリットを解説しました。それぞれ一長一短有りますが、ご自分の状況によって使い分けるのが大切になってきます。私がおすすめする転職の手順を以下に順を追って説明します。

    ①転職エージェントでのキャリア相談を活用して自分のキャリアを考え、業界・職種を決める

    まず、何をしたいのかはっきりしていない人は、キャリアのプロに相談して、転職の軸を決めましょう。ただ、転職エージェントによってはキャリア相談なのにすぐに求人に応募させようとしてくる人もいますので要注意です!沢山の転職エージェントを使っていい転職エージェントに巡り合いましょう。

    ②志望する企業に友人・知人がいたらリファラルでの応募を依頼する

    自分が行きたい企業に友人・知人がいるのであればリファラルでの応募ができ難易度も下がるので、使わない手は有りません!

    ③志望する業界特化の転職エージェントを利用する

    志望する業界の転職エージェントを利用することで、志望する業界や企業の選考についての情報を詳しく知ることが出来ます。また、非公開求人も保有していることがありますので、自分での応募では見つからなかった求人に応募出来る可能性があります。ポイントとしては志望する企業にその転職エージェントが紹介した実績があるかが大切です。紹介したことのある転職エージェントであれば、人事の方にプッシュしてくれることもあるかもしれません。

    ④業界特化の転職エージェントが紹介してくれない求人は直接応募する

    業界特化の転職エージェントといえど、関係性を構築できていない企業はあります。そんな企業には自分で直接応募しましょう。類似企業の面接対策をその業界特化の転職エージェントと行なっていれば十分対応出来るでしょう。この手順で転職を進めることでそれぞれのメリットを最大限に活かすことが出来ます。

    M&A業界特化のキャリアラダーを使うメリットは?

     弊社はM&A業界に特化した転職エージェントですが、使うメリットはどんなところにあるのでしょうか。

    ①自己分析から強みを引き出してくれる

    複数回面談し、ご自分のこれまでの経験を洗い出します。

    ②業界に特化した書類作成方法を教えてくれる

    これまでの経験からM&Aコンサルタントに適した強みはどこにあるのか、書類通過率の高い書類を作成しましょう。納得出来るまで何度も書類作成し直します。

    ③非公開求人も含めた多数の求人を紹介してくれる

    M&A仲介会社20社以上と直接つながりがございます。多数の求人から合った企業をご紹介いたします。

    ④過去の紹介実績から志望企業へプッシュしてくれる

    紹介実績があるからこそ出来る推薦で後押しいたします。

    ⑤過去の候補者のフィードバックから何度も選考対策を実施してくれる

    どんなことが質問されるのか、質問の意図は何か、これまで紹介した候補者のフィードバックから積み上げた情報で何度も面接対策いたします。

    M&A仲介会社への転職ならキャリアラダー

    株式会社キャリアラダーはM&A仲介会社に特化した転職エージェントです。上場M&A仲介会社から未上場M&A仲介会社、非公開求人まで幅広く取り扱っています。業界未経験者にとって、M&A仲介業務は理解しにく業務ではありますが、弊社ではM&A仲介業界経験者がしっかりと業務内容について解説をし、理解を深めた上で後悔のない転職活動に望んでいただけるよう、お約束いたします。是非一度、以下の無料転職フォームよりお問い合わせください。

    関連記事

    TOP