M&A仲介会社への転職(未経験)

業界経験者が直接きめ細やかな転職サービスを行います

株式会社キャリアラダーは、M&A仲介会社出身者が立ち上げたM&A業界に特化をした転職エージェントです。M&A業界は転職市場で注目を浴びておりますが、仕事内容がブラックボックス化しておりM&A業界の魅力や勤務、給与体系について理解しにくい現状です。M&A仲介会社出身者が転職希望者の方へM&A業界のリアルな現状や生の声をお届けすることで、転職希望者と求人企業のミスマッチを減らしていきたいと考えております。
※仕事内容について記載している記事がございますのでご覧ください。

M&A仲介業の仕事とは?

そもそも、M&Aとは会社の売買を示す言葉で、一般的な手法としては売り手企業のオーナーが保有する株式を買い手企業に譲り、その対価として売り手企業のオーナーが現金を買い手企業から受け取る取引です(専門用語では、株式譲渡と言います)。その中で、M&A仲介会社の役目は、売り手企業と買い手企業のマッチングと、その過程で発生する交渉、専門的なアドバイスです。そして、M&Aが成立したときに、成功報酬として売買金額にの5%程度の成功報酬を双方から受領します。

M&A仲介業の魅力とは?

M&A仲介会社出身者が実際にM&A業界で働いて感じた魅力は以下の通りです。

「一生に一度の出来事に立ち会うことができ、顧客からの感謝の度合が大きいこと」
M&A仲介業に関わらず、とあるプロジェクトが完了した時や、顧客のニーズを満たす商品を提案できた時は、顧客から感謝されることはあることでしょう。しかし、M&A仲介業の場合は、売り手企業のオーナーが人生をかけてきた会社を買い手企業に譲渡するサポートをするため、顧客(特に売り手企業のオーナー)にとっては一生に一度の出来事です。そのような場面に、立ち会い、相談者となり数ヶ月間一緒に仕事をするため、M&Aが成立した時に顧客から頂く感謝の度合いは、通常よりも数倍も大きいと体感しています。そして、比較的若い20~30代のビジネスパーソンでも、そのような体験が出来るため、M&A仲介業は稀有だと考えます。

「年収の高さ」
上場M&A仲介会社の平均年収は全て1,000万円を超えており、特にM&Aキャピタルパートナーズは、全国の上場企業で1位にランクインすることもあります。入社2年目で年収が1,000万円を超えることも少なくないM&A 仲介会社は、上述した顧客からの感謝が、直接給料に跳ね返ってくるという魅力もあります。 ※年収の高さについて、記載している記事がございますのでご覧ください。

M&A仲介会社への転職なら、キャリアラダーまで

業界経験者が直接あなたの転職活動をサポートします。

TOP