転職情報

【転職情報】未経験でも転職可能?高収入業界の代表格、M&A仲介会社への転職!

    業界の成長と共に従業員数も急増しているM&A仲介業界ですが、未経験者の転職状況について、本記事では解説をしていきます。未経験ならではの準備することや活かせる強み、注意することを業界経験者により書かせていただきました。M&Aの仕事は未経験であるが、M&A仲介業界への転職を検討している人は必見です。

    M&A仲介会社でのやりがいとは?

    M&Aは成立するまでの道のりは長く、途中めげそうになる時もありますが、やり切ったときの達成感は言葉に表せないものがあります。その上、若手のうちからでも、日本全国飛び回り、上場会社の役員クラスや経営者と対峙して仕事ができるというのはこの業界特有の魅力だと思います。もちろん、給与体系も魅力です。20代でも1,000万以上稼ぐプレイヤーはたくさんいます。とことん仕事がしたい人が、とことん仕事ができ、成果が出たらしかりと評価される希有な業界です。逆に、成果が出ない時にはインセンティブがもらえないため、一生懸命仕事をしても報われない時もあります。しかし、M&A仲介業務は経験値を積むことでM&Aプレイヤーとしての能力も上がっていくため、クヨクヨせず次に繋げようと踏ん切りをつけることが大切です。

    未経験者がM&A仲介会社への転職する理由は?

    未経験者がM&A業界へ転職する理由は大きく以下の2つが多い印象です。
    ・本当に必要とされるサービスを提供したい
    お付き合いで融資を受けていただいたり、知識のない個人に投資信託を売ったり、本当に自分の仕事が世の中に立っているのか疑問を持ちながら銀行や証券会社で働いている方が一定程度いらっしゃいます。いわゆるお願い営業ではなく、本当に必要としているサービスを必要としている人に行いたいという使命感からM&A仲介会社に転職される方が多いです。
    ・正当に評価される会社や組織で働きたい
    誰より活躍しても給料は同期でほとんど変わらないという、日系企業の給与体系に疑問を感じている方は多く、活躍したら正当に報酬をもらえるM&A仲介会社に転職してくる方は多くいらっしゃいます。同世代の誰よりもお金を稼ぎたいというマインドは重要です。

    未経験者がM&A 仲介会社へ転職するには?

    M&A仲介業界はまだ新しい業界で、経験者がほぼ転職市場に存在していないため、入社される方のほとんどが未経験です。現職での経験がないからと言って、M&A仲介会社への転職を諦める必要はありません。なお、前職としては、銀行員や公認会計士などの会計に強い職種の方や、証券会社のリテール営業や保険の営業など、中小企業経営者のネットワークを有している方が多い印象です。

    未経験でもM&A仲介業界への転職に向いている人は?

    未経験でもM&A業界への転職に向いている方の具体例を以下3つ記載いたします。
    ・最後まで諦めずに業務に取り組める方
    M&A仲介業務を行っていると、日々問題が生じます。譲渡企業オーナーの気持ちが揺らいだり、粉飾決算が判明したり、譲受企業が急に買収意欲をなくしたりと様々です。M&Aアドバイザーは、交渉術や持っている知識を駆使して、そのような中でも互いにとってベストな方法に導かなければなりません。そのためには、諦めないマインドは必須です。
    ・自発的に学び、行動できる方
    M&A仲介業務が保険や証券の営業と異なる点は、毎回扱う商品が全く異なるという点です。企業は唯一無二の存在で、業界も規模も、毎回異なるのです。したがって、知識の乏しい業界については、知識をインプットしなければ譲渡企業、譲受企業の双方からの信頼を損ねてしまうでしょう。その上、会計や税務、法務に労務と幅広い知識が求められるので、自発的な学習も欠かせません。M&A仲介会社では、基本的に仕事は与えられません。自分で営業活動を行い仕事を作り出す必要があります。自ら電話営業をしたり、手紙を送ったりと手段は様々ですが、案件を動かしていく合間を縫って、この様な地道な営業活動も自ら主体的に行う必要があります。
    ・中小企業の経営者のネットワークを保有されている方
    現在のM&A市場は完全な売り手市場です(譲渡企業の数<譲受企業の数)。したがって、多くの潜在的な譲渡企業を知っている方はM&A仲介会社からの引き合いも強いです。

    未経験者がM&A仲介業界に転職する際に注意することは?

    上場M&A仲介会社は、年収が高い会社ランキングを見ると、必ず上位にランクインしています。そうすると、入社してしまえばなんとなく簡単に稼げる気持ちになるかもしれません。しかし、そんなに甘くなくM&A仲介業務は本当に大変な仕事です。その理由は下記にまとめています。生半可な気持ちで転職するのは入社後のギャップにつながり危険です。
    ・ステークホルダーが多い
    売り手の社長、キーマン、従業員、買い手の社長、役員陣、税理士や監査法人等々、一案件の意思決定に関わる人間は多く、全員の意向を揃えてあげる必要性があります。これは言葉で表すよりも難しいものです。
    ・成果が出るまで時間がかかる
    M&A仲介業はスポーツに例えるとサッカーです。年間で1~2件の案件を成約出来れば良いと言われています。中には1~2件ではなく5件前後の成約実績のあるM&A仲介会社も存在している様子ですが、上場会社のIRをご覧頂ければわかる通り、一般的な成約件数は年間で1~2件です。
    ・会計から税務、法務から労務まで幅広い知識が求められる
    未経験の方でも、プロフェッショナルとして営業活動を行わなければなりません。そのためには、必要な知識をキャッチアップしていく必要があります。

    未経験でも有資格者の転職は?

    公認会計士や税理士と言った有資格者の方がM&A仲介会社に転職するケースは多く見られます。理由は様々ですが、単調な監査や決算業務に飽きてしまったからというのが一番多いと感じています。公認会計士や税理士の業務内容は専門性が高く、難しい仕事ですが、長く携わっていると単調な内容に飽きてしまう方が一定程度いらっしゃる様です。M&A仲介業務ではもちろん、会計や税務の知識を用いるため、資格の勉強で得た知識はもちろん役に立ちます。しかし、知識があるからと言ってM&Aが成功するかといえば、そういうわけでもなく、難しいところです。

    未経験のM&A業界への転職難易度は?

    M&A仲介会社への転職難易度は高く、未上場の主要仲介会社で倍率20倍。上場クラスだと100倍とも言われています。それだけ人気の業種ということで、エントリシートや面接においてはしっかりとした準備が必要になります。詳しくは、「M&A業界への転職難易度は!?転職難易度と求められるスキルを大公開!」をご覧ください。

    ここまでお読みいただけた方は、未経験者のM&A業界への転職は難易度は高いものの決して無理ではないということが理解できたかと思います。

    M&A仲介業界への転職ならキャリアラダー

    株式会社キャリアラダーはM&A仲介会社に特化した転職エージェントです。上場M&A仲介会社から未上場M&A仲介会社、非公開求人まで幅広く取り扱っています。業界未経験者にとって、M&A仲介業務は理解しにく業務ではありますが、弊社ではM&A仲介業界経験者がしっかりと業務内容について解説をし、理解を深めた上で後悔のない転職活動に望んでいただけるよう、お約束いたします。是非一度、以下の無料転職フォームよりお問い合わせください。

    関連記事

    TOP