M&A企業分析

【転職情報】M&A総合研究所が上場しました!業界出身者が感じた2018年創業でも上場できた理由3選

    M&A仲介会社に特化したキャリアラダーが創業以来、お付き合いをさせていただいているM&A総合研究所様が今回上場されます。おめでとうございます!有象無象にM&A仲介会社がある中で、後発のM&A総合研究所様が上場できたワケを分析してみたいと思います

    M&A総合研究所とは?

    今最も勢いのある仲介会社である、M&A総合研究所。略して、「ソウケン」と呼ばれることが多いですが、AIを駆使したスピードマッチングを強みに急拡大をしています。

    会社名株式会社M&A総合研究所
    代表取締役社長佐上 峻作
    役員取締役COO 矢吹 明大
    取締役CFO 荻野 光(公認会計士)
    社外取締役 水谷 亮
    常勤監査役 岡本 尚樹(公認会計士)
    社外監査役 東 陽亮(公認会計士)
    社外監査役 熊澤 誠(弁護士)
    創業2018年10月
    従業員数77名(2022年3月時点)
    住所東京本社
    〒100-0005
    東京都千代田区丸の内1-8-1 丸の内トラストタワーN館 17F(総合受付)
    大阪オフィス
    〒530-0017
    大阪府大阪市北区角田町8−47 阪急グランドビル 20F
    名古屋オフィス
    〒450-0002 
    愛知県名古屋市中村区名駅4-8-18 名古屋三井ビルディング北館13F
    資本金4.11億円
    事業内容①M&A仲介事業
    ②M&Aメディア事業
    仲介サービスの特徴と強み①譲渡企業様完全成功報酬の料金体系
    ②M&A成約までのスピード感
    ③M&Aアドバイザーのフルサポート体制
    ④独自のAIシステムによる高いマッチング精度

    いまだに、「足で稼ぐ」というような文化が業界全体にある中で、AIなどのテクノロジーを活用したサービスはM&A総合研究所が唯一無二といえます。また、テクノロジーを活用したマッチングは、”サービス品質が担当者の実力に依存してしまうという”業界特有の課題解決に直結するともいえると筆者は考えています。

    未経験で入社した方も8割以上の方が1年以内に成約をしているなど、徹底的に成果が上がりやすい環境づくりがされており、未経験で挑戦される方にはうってつけの企業が、M&A総合研究所であるとも言えるかと思います。

    M&A総合研究所が上場できた理由3つ

    M&A仲介会社は、市場の拡大に合わせて多くの事業者が参入してきており、同社も2018年創業という点では、後発のM&A仲介会社といえます。たくさんの会社の中で、どうしてこのタイミングで上場できたのか、その理由を考察してみたいと思います。

    M&Aコンサルタントが働きやすい環境づくりを徹底している

    筆者は、元々大手のM&A仲介会社で勤務していました。大手であるが故の働きやすさもあるのですが、昔から使っているであろう社内システムが使いにくかったり、稟議の仕組みが複雑だったり、大手であるが故の働きにくさも同時にありました(とはいえ、銀行や大手の事業会社と比較したらシンプルだとは思います)。

    M&A総合研究所では、社内システムを徹底的に分析し日々ブラッシュアップしているそうです。使いにくさをゼロにして、顧客との交渉や営業活動に集中できる社内環境が整っていらっしゃいます

    ITを活用した圧倒的なソーシング力

    M&Aのことを調べるとM&A総合研究所が運営している情報サイトが出てくることが多いです。読者の方もぜひ調べてみてください。大手M&A仲介会社をはじめ、どこの会社も現在では自社のメディアを持っていますが、どこよりもITに強いと感じています。

    M&A仲介業界は、電話やDMといった昔ながらの営業スタイルが長年とられてきました。そこに疑問を感じたM&A総合研究所の営業スタイルが功を奏した形だと分析しています。

    また、中小企業のM&Aは長年事業承継のニーズから案件がスタートすることが多かったため、ネットを活用したソーシングは軽視されてきた傾向があると思います。しかし、近年若い経営者つまりITに強い経営者層も譲渡で動くことが増えており、市場の変化も相まって問い合わせは増加傾向のようです。

    M&Aコンサルタントのレベルの高さ

    M&A仲介業界の歴史は30年ほどしかなく、歴史が浅いため、多くは未経験からM&Aコンサルタントになる方が多いです。従って、大手から新興系も含めて、どこの会社も未経験者の採用を積極的に行なっているのは事実なのですが、未経験ばかりではサービスレベルが心配です。

    M&A総合研究所様は、主要なポジションに大手M&A仲介会社出身者を据えているため、2018年の創業とはいえサービスレベルが極めて高いです。そして、マッチングにAIも活用しておりますので、成約までのスピードも相対的に高いのです。採用戦略が功を奏したことも、M&A総合研究所の上場を支えたといえるでしょう。

    M&A仲介会社への転職ならキャリアラダー

    株式会社キャリアラダーはM&A仲介会社に特化した転職エージェントです。上場M&A仲介会社から未上場M&A仲介会社、非公開求人まで幅広く取り扱っています。業界未経験者にとって、M&A仲介業務は理解しにく業務ではありますが、弊社ではM&A仲介業界経験者がしっかりと業務内容について解説をし、理解を深めた上で後悔のない転職活動に望んでいただけるよう、お約束いたします。是非一度、以下の無料転職フォームよりお問い合わせください。

    関連記事

    TOP