M&A企業分析

【企業分析】4M株式会社の採用状況は?評判は? 業界特化型エージェントが解説します

    本記事では、4M株式会社(以下、4M)の採用や評判について、解説をしていきます。4Mは大手広告代理店からスピンアウトしたM&Aのマッチングだけでなく、M&Aの戦略立案からM&A後のPMIまで、クライアント様の企業価値向上支援を一気通貫でサービス提供をしている会社です。M&A業界を志望している人は必見です!

    また、4Mの村田社長へのインタビューを実施しておりますので、ご参考ください。

    基本情報

    会社名4M株式会社
    住所〒107-0061東京都港区北青山3-6-19 バイナリー・北青山ビル10階
    代表取締役村田寛治
    設立年月日2016年11月01日
    資本金234万円
    主要取引銀行みずほ銀行
    事業内容①コンサルティング業務
    ②FAS(Financial Advisory Service)業務
    ③買い手側に特化したM&A仲介業務
    ④PE(Private equity)業務

    業務内容

    事業内容は大きく以下の3つです。

    ①中長期戦略コンサルティング
    ②FAS(Financial Advisory Service)
    ③M&A仲介

    M&A仲介だけでなく、M&Aをベースにクライアントの企業価値向上を総合的に支援する事業を展開しています。具体的には、クライアントの戦略立案からスタートし、M&Aが必要となればM&Aの実行前から実行、PMI支援まで手掛けます。

    また、子会社のSEEDER株式会社と連携しながらPE投資も手掛けています。

    選考フロー

    1次面談(村田社長と他1~2名)

    SPI筆記試験(ない場合もあり)

    2次面談(村田社長と他1~2名)

    オファー会食

    採用

    4Mの選考では、能力だけでなく人柄や相性も重要視されているので、面接は村田社長が自身で行っています。また、オファー会食では、面接時には見られなかったような普段の様子で交流することで、自身のパーソナリティを互いに理解する場となっています。

    特徴

    4Mの特徴は、以下の通りです。

    ・M&Aのマッチングだけではない?
    ・ギグパートナーとの協力関係
    ・PE投資事業を展開

    M&Aのマッチングだけではない?

    4MはM&Aのマッチングだけでなく、戦略策定からM&A実行、その後のPMI支援までを一気通貫で手掛けていることが特徴です。一般的なM&A仲介会社では、前後のプロセスに深く関与することが少なく、M&Aの実行に特化している印象がありますが、4Mではその前後のプロセスに深く関われるので、幅広い経験や知識を身に着けることができます。

    ギグパートナーとの協力関係

    4MはM&A実行において、業界の理解を深めてより現実的な確度の高いM&Aができるよう、ギグパートナーと連携しながらM&Aを進めていきます。

    ギグパートナーは、子会社のSEEDERが運営しているプロフェッショナル人材を囲っているプラットフォームとの連携となっています。

    PE投資事業を展開

    4MではPE投資も手掛けており、現時点ではデザインプロダクションや薬局チェーン等に投資をしています。M&A仲介会社は、最近では事業会社に投資をしたりする傾向がチラホラ出てきつつありますが、4Mはその動きを先取りし既に投資を実行していることが特徴です。

    4Mへの転職ならキャリアラダー

    株式会社キャリアラダーはM&A仲介会社に特化した転職エージェントです。4Mをはじめ、幅広いM&A仲介会社への転職活動を支援しています。業界未経験者にとって、M&A仲介業務は理解しにくい業務ではありますが、弊社ではM&A仲介業界経験者がしっかりと業務内容について解説をし、理解を深めた上で後悔のない転職活動に望んでいただけるよう、お約束いたします。是非一度、以下の無料相談フォームよりお問い合わせください。

    関連記事

    TOP