You are currently viewing 【転職情報】M&A仲介会社のインセンティブ制度とは?制度の概要について解説します!

【転職情報】M&A仲介会社のインセンティブ制度とは?制度の概要について解説します!

本記事では、M&A仲介会社のインセンティブ制度について、業界経験者が解説をしていきます!インセンティブ制度は、M&A仲介会社の特徴の1つであり、M&Aコンサルタントが高年収を実現できる仕組みです。会社により制度の設計が若干異なるので、ご自身が納得する制度を採用している会社を選んで後悔のない選択をして頂ければと思います。

M&A仲介業界とは?

そもそもM&A(エムアンドエー)とはMerger(合併)and Acquisitions(買収)の略で、「会社もしくは経営権の取得」を意味します。上記M&Aの仲介を行うため、具体的には会社を売却、買収する両者の間に立ち、その取引を円滑に行えるようにアドバイスを行うことが主な業務内容となっております。業界としては少子高齢化を背景とした後継者不在によって、黒字にも関わらず廃業を選択する経営者も多く、その解決手段としてのM&Aが大きく注目を集めています。中小企業の出口戦略を考えた際に考えられる方法は以下の5つしかなく、株主としての利潤を獲得でき、他社と連携して事業を拡大できるM&Aは有効な出口戦略として活用されています。

1.親族内での承継
2.役員社員への承継
3.M&A(第三者への承継)
4.上場
5.廃業

インセンティブ制度とは?

M&A仲介業界ではインセンティブ制度といって、自分の売上高に対するボーナスが支払われることが一般的となっています。会社によって、細かい制度の内容は異なりますが、概ね売上高の20%前後であることが一般的です。

同じインセンティブ料率でも稼ぎが変わる!?

まず大きくインセンティブ制度には、①基本給を含むパターンと②基本給を含まないパターンがあります。この二つのパターンで、インセンティブが同額であっても稼ぎが変わってきます。

①基本給を含むパターンとは

基本給を含むパターンとは、インセンティブが自身の固定給を含んでいるという意味合いです。文字だと分かりにくいので、以下にて事例を用いて説明いたします。

例:基本給500万円、インセンティブ800万円の人のケース

基本給500万円+ボーナス300万円(インセンティブ-基本給)の合計800万円が年収となる。

②基本給を含まないパターンとは

基本給を含まないパターンとは、インセンティブが基本給にプラスされるパターンです。

例:基本給500万円、インセンティブ800万円の人のケース

基本給500万円+ボーナス(=インセンティブ)800万円の合計1,300万円が年収となる。

即ち、制度の違いによって、パターン①では年収が800万円、パターン②では年収1,300万円となり、500万円もの違いが生まれてきます。

各社のインセンティブ料率は?

各社のインセンティブ料率は、大きくインセンティブがある会社とない会社に分かれます。

インセンティブがない会社というのは、個人の売上高に応じてインセンティブを出すというのではなく、会社全体の業績やチームでの業績によって、インセンティブを出す会社となります。

次にインセンティブがある会社というのは、個人の売上高に応じてインセンティブが出る会社となりますが、料率は15%~50%となります。概ねの平均は20%前後です。

詳しくは以下の業界地図をご覧ください。

M&A仲介会社への転職ならキャリアラダー

株式会社キャリアラダーはM&A仲介会社に特化した転職エージェントです。上場M&A仲介会社から未上場M&A仲介会社、非公開求人まで幅広く取り扱っています。業界未経験者にとって、M&A仲介業務は理解しにくい業務ではありますが、弊社ではM&A仲介業界経験者がしっかりと業務内容について解説をし、理解を深めた上で後悔のない転職活動に望んでいただけるよう、お約束いたします。是非一度、以下の無料転職フォームよりお問い合わせください。